リハビリ通信 No.320 半月板の構造と円板状半月について

2020年08月08日(土) QAリハビリテーション科1新着情報

参考文献:膝MRIより

 

半月板の役割は大腿骨の接合部の安定性と荷重分散、衝撃吸収、関節軟骨の保護です。

半月板は内側半月板と外側半月板があり、内側半月板はC型をしていて、外側半月板はO型に近い形をしています。外側半月板の幅は前方から後方にかけて一定ですが、内側半月板は前方に比べ後方の幅も広く、高さも高いようです。内側半月板の辺縁部は内側側副靭帯(MCL)深層と関節包へ比較的強固に結合し、後方辺縁部では半膜様筋腱と内側半月板が線維結合し膝関節屈曲時に大腿骨と半月板の引っかかり(インピンジメント)が起きないように半膜様筋腱が働き、内側半月板を後方に引っ張る作用が起きます。反対に外側半月板では関節包への結合が弱く背側部の膝窩筋腱溝部ではわずかな線維で関節包に支持されています。膝関節の屈曲・伸展に伴う半月板の動きは内側に比較して極めて大きいようです。外側半月板も内側半月板と同じく動的安定機能があります。膝窩筋が収縮することにより外側半月板が後方に引き出され大腿骨と半月板のインピンジメントを防止しています。

半月板の疾患で円板状半月(discoid meniscus)があります。東アジアに多いと言われています。胎生期の半月板形成過程でC字型の中央部が吸収されずに遺残し円板状を呈します。円板状半月は圧倒的に外側半月板に多く、正常な半月板に比べて変性や断裂の頻度が高く、軽微な外力で損傷をします。小児の誘因の無い膝痛で発見される事が多いようです。その他に膝関節の可動域制限、膝が外れるような脱臼感、引っかかりが起きるロッキング現象が生じます。また、手術になった場合、正常な半月板に形成する切除術を関節鏡視下で行います。理学療法の治療では膝関節の機能を考え半月板の動きを筋の収縮を促すことで引き出し可動域制限、疼痛など膝関節の機能を改善します。

リハビリテーション室長 見田忠幸


リハビリ通信 No.319 ばね指と手内在筋について

2020年07月06日(月) QAリハビリテーション科1新着情報

intrinsic plus (イントリンシックプラス)

 

 

intrinsic minus(イントリンシックマイナス)

手関節に関する筋は大きく分けて2つの筋に分類できます。手内在筋(intrinsic muscles)と手外在筋(extrinsic muscles)です。手指・手関節の巧緻動作を行う時は手内在筋と手外在筋がお互いに協調し合い、握る・つまむなどの一連の動作を行います。手内在筋が優位に働く肢位を intrinsic plus (イントリンシックプラス)、手外在筋だけが働く肢位をintrinsic minus(イントリンシックマイナス)と言い、各々の肢位で働く筋力を上手に練習に組み込み、手内在筋と手外在筋を協調して働かせるように練習を行えば筋出力(握力)は改善します。

手指の手外在筋の屈筋腱には腱の浮き上がりを押さえる靱帯性腱鞘と言うトンネルがあります。屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると指の付け根に疼痛、腫れ、熱感が生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象が生じます。これがばね指です。ばね指はMP関節を曲げながら手を使うことにより手外在筋に負担がかかり、腱自体が肥厚し発症します。MP関節を曲げずに手外在筋だけが働けば、(intrinsic minus肢位でDIP・PIPが屈曲・伸展を行う)腱鞘炎も起こりにくいと言われ、ばね指は発症しないと言われています。

リハビリテーション室長 見田忠幸


リハビリ通信 No.318 手掌の握り動作について

2020年06月01日(月) QAリハビリテーション科1新着情報

(コトバンクより)図を一部改変

 

握るという動作を行う時、様々な場面が考えられます。水の入ったバケツ、やかん、掃除機など、握る力を入れつつ持ち上げる動作を同時に行います。公共交通機関の乗車時に手すりを握る、鉄棒などを握りながら自分の身体を引き寄せ固定するなど、その時の状況により、強く握ろうとする時、人は無意識に手関節を背屈位にして前腕屈筋群を効率よく働かせるような肢位をとります。また、更に強く握る時、手内在筋をより良く働かせるために、手掌正面から見て示指、中指MP関節を中心に環指、小指MP関節が下にまわる様に下がって手掌内横アーチを形成します。

握る動作時に強く筋出力を発揮させるには手関節が背屈位になり手掌内MP関節の横アーチを保持し効率よく各々の筋が、働きやすい様に環境を整えています。骨折、手術等で拘縮になり、可動域制限を呈して、握る動作ができない患者さんの理学療法を行う場合、手関節、手指は無論、手掌内アーチも意識して治療を進めて行きます。

リハビリテーション室長 見田忠幸


リハビリ通信 No.317 手関節の動きについて

2020年05月09日(土) QAリハビリテーション科1新着情報

手関節には背屈、掌屈、橈屈、尺屈の動きがあります。背屈、掌屈は橈骨と近位手根骨からなる橈骨手根関節と手根骨の中間にある手根中央関節の2つの関節の合成された動きで成り立ちます。

理学療法士は拘縮で可動域制限がある場合、治療時に橈骨手根関節と手根中央関節の両方の動きを改善する様にアプローチを進めて行きます。

リハビリテーション室長 見田忠幸


リハビリ通信 No.316 挙上時の上腕骨と肩甲骨の動きについて

2020年03月29日(日) QAリハビリテーション科1新着情報

上肢が挙上をする時、肩関節では上腕骨大結節部(棘上筋・棘下筋・小円筋が付着する骨隆起)が肩甲骨の肩峰下をくぐり抜け中へ滑り込み、徐々に最大挙上(肩関節屈曲180°)に近づくと上腕骨大結節部が外旋をしながら後方へ出て行きます。

つまり肩関節屈曲位と外転位、二つの動きの挙上範囲が肩関節の関節窩と上腕骨頭の動きで言えば、烏口突起〜肩峰の範囲と言えます。烏口突起に近い挙上経路(anterior path)は屈曲内旋位での挙上、肩峰下での挙上経路(posterolateral path)は外転外旋位挙上と考えます。

肩関節周囲炎により拘縮・癒着があり大結節が肩峰下に滑り込めず、正常な動きが出来ない場合、どの部分が原因で上腕骨頭が動けないのか評価し改善することを理学療法では進めていきます。

リハビリテーション室長 見田忠幸