新着情報


骨粗鬆症とともに Vol.33 フレイルを予防するには

2019年08月22日

あらゆる側面からフレイルと評価された高齢者は将来的に要介護状態に陥る可能性が予測されます。介護状態を予防するには、フレイルを予防し、進行を抑え、可能な限りフレイルを改善することが大切です。

高齢者のフレイル対策では、運動と外出の継続が重要とされています。実際に運動では、レジスタンス運動(筋肉に一定の負荷をかけるトレーニング、かかと上げ、スクワットなど)、バランス運動(片足立ち、バランスボールを使ってのトレーニングなど)、ウォーキングの3つが効果的だと言われています。これらの運動を組み合わせ、運動習慣を身に着けてもらうことが大切です。これらの運動を長く続けるために自主グループで運動教室を開催したりすることも効果的です。そのような外出する場(通いの場)に出向き、地域の人との交流を持つこと、話をしながらお茶を飲んだりすることも大切です。出かけるために身なりを整えたり、時間管理をしたりすることも認知機能維持には効果的です。運動や外出が苦手な人もまずは通いの場に集まることが大切とされています。

骨粗鬆症マネージャー 石山瑞穂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献

Osteoporosis Japan PLUS 第4巻 第2号 ライフサイエンス出版 2019

三重県名張市/秋山整形外科クリニックwebsite
骨粗鬆症


骨粗鬆症とともに Vol.33 フレイルを予防するには

2019年08月22日

あらゆる側面からフレイルと評価された高齢者は将来的に要介護状態に陥る可能性が予測されます。介護状態を予防するには、フレイルを予防し、進行を抑え、可能な限りフレイルを改善することが大切です。

高齢者のフレイル対策では、運動と外出の継続が重要とされています。実際に運動では、レジスタンス運動(筋肉に一定の負荷をかけるトレーニング、かかと上げ、スクワットなど)、バランス運動(片足立ち、バランスボールを使ってのトレーニングなど)、ウォーキングの3つが効果的だと言われています。これらの運動を組み合わせ、運動習慣を身に着けてもらうことが大切です。これらの運動を長く続けるために自主グループで運動教室を開催したりすることも効果的です。そのような外出する場(通いの場)に出向き、地域の人との交流を持つこと、話をしながらお茶を飲んだりすることも大切です。出かけるために身なりを整えたり、時間管理をしたりすることも認知機能維持には効果的です。運動や外出が苦手な人もまずは通いの場に集まることが大切とされています。

骨粗鬆症マネージャー 石山瑞穂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献

Osteoporosis Japan PLUS 第4巻 第2号 ライフサイエンス出版 2019