新着情報


リハビリ通信 No.258 体の柔軟性について

2018年05月04日

リハビリ通信No.258体の柔軟性を決める要素

(Newton 筋肉と技の科学知識より)

 

体の柔軟性は関節が動く範囲の広さと関節の動きやすさと言えます。

柔軟性を決める要素は大きく分けて3つあります。

①関節の構造

②結合組織の特性

③神経の制御

以上の3つになります。人体には硬い組織の骨、軟部組織の筋、靭帯、血管、神経があり骨と骨とを軟部組織でつなぐ部分が関節となります。

①関節の構造は骨の形、つながり方によって関節を動かせる範囲、方向の限界は決まっておりトレーニングでは変えるはできません。

②結合組織の特性は靭帯、筋、腱の特性によって関節の動ける範囲、動きやすさが変わります。特性はトレーニングで変える事ができます。

③神経の制御は筋、腱に力が加わり過ぎるのを防ぐため筋の伸び縮みできる範囲や強さは神経によって制限されています。制限の範囲はトレーニングによって広げる事ができます。

リハビリテーション室長 見田忠幸