新着情報


リハビリ通信 No.250 初治療(理学療法)の流れについて

2018年02月02日

絵

理学療法1回の治療は約20分(1単位)となっています。初めての治療時は患者さんの病態、日常生活上どの様な事で困っているのか?問診から開始します。勿論、事前に患者さんに関する情報(単純X線画像、診察時の情報)はしっかりとチェックしています。

最初の理学療法は、ほとんどの時間を評価に割くことが多くなります。約20分で評価を行い、その評価から総合的に治療を考え実施します。

理学療法の流れ

理学療法(1単位20分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉ 評価

・単純X線画像(レントゲン)

・問診

・疼痛についての評価

・関節可動域(関節が動く範囲)

・筋力(5段階で評価)

・整形外科テスト(関節・靭帯・筋にストレスをかけ柔軟性や痛みを評価する)

・歩行・歩容など動作分析

・計測(脚長差など)

・超音波解析画像(エコー検査)

→総合的に病態、状態を把握して治療計画を考えます。

 

 

 

 

 

◉ 治療を実施

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリテーション室長 見田忠幸